ネットワークカメラとは?

ネットワークカメラはワイヤレスですが、どういった注意点があるのでしょうか?

2017年06月27日 18時33分

屋外で防犯カメラを設置するときに、一番ネックになるのは、その配線です。
そんな場合にワイヤレスで利用できるネットワークカメラは重宝します。
最近は、従来の有線タイプの防犯カメラ・監視カメラから無線タイプのものに売れ筋が変わってきています。
今回は【ネットワークカメラの注意点】について迫ります。
 
ネットワークカメラは、配線することがありませんから便利なことは間違いありません。
取り付けや設置が簡単になっていますから、設置場所を選ぶこともありません。
ワイヤレスの商品によって、数百メートル離れていても映像を送れるタイプもあります。
 
その場合は、気象条件や周囲の建物の影響を受けることもあります。
機能的には遠くでも大丈夫ですが、あくまでも条件付きです。
あまり遠距離では利用できない場合もあります。
その場合は映像も鮮明ではないので注意して欲しいです。
 
しかし、近距離撮影ならば問題はありません。
料金的にもリーズナブルですし、簡単に設置できるのでお勧めできます。
手軽に取扱ができる防犯カメラ・監視カメラとして、
ご家庭や屋外の駐車場で利用されているケースが増えています。
まだ導入していなくて困っているならば検討してみてはどうでしょうか?
 
コンパクトなデザインのワイヤレスタイプもあります。
小さなお子さまがいる家庭ならば、子ども部屋に設置しておいて、様子を確認するような利用もできます。
もちろん、介護をしているご家庭でも利用価値はあるでしょう。
目的によっては使い勝手がいろいろあると思います。
 
ネットワークカメラで注意しなければならないのは、電源の供給が安定的にできるかどうかです。
どこにでも手軽に設置できますが、電源がなければ動かないわけです。
ネットワークカメラを購入するときに、そのカメラがコンセントからの電源供給か
バッテリーの供給かを確認するようにしましょう。
 
いかがでしたでしょうか?ネットワークカメラの注意点をまとめておきました。
記録装置に送るのは無線ですが、バッテリーの供給が必要になるのは当然です。
この部分を見落としがちになるので注意をしてほしいポイントです。